恋の雪だるま占い



INDEX
トップページへ
まずはじめに…
占い方
占いを始める
占い結果一覧
■ 結果の見方
 − 結果バナーの色
 − 結果カードの表示
 − お告げの解釈
 − 一言集
■ 更新記録・お知らせ一覧
 − 2008年度〜2014年
お問い合わせ

カードについて
カード総説
ゆきだるま(氷雪師)カード
 − ブタルマ
 − ユキサルマ
 − ユキニャルマ
 − ユキタルマ
 − 雲ダルマ
 − 雪だるま
天気カード
 − 快晴
 − 晴れ
 − 曇り
 −
 −
 −
天気カードの数字対照表

発展編
占いの応用方法
■ 占いの段階(第1〜6段階)
 − 占いの段階とは
 − 第1〜3段階
 − 第4〜6段階
恋の雪だるま占いの真髄
占いの設定背景

スマホ向けサイト

■ 背景設定について

恋の雪だるま占いでは、2系統6種類、合計12枚のカードを用いますが、 なぜこうした設定にしたのかを説明いたします。

恋の雪だるま占いは、「恋の」と限定した名の通り恋占いです。 人間生活は様々な運命によって流れてゆきますが、その運命の中の「恋愛」に絞りました。 そして、その「恋愛」における人々の行動パターンを36パターンに分けて、 示し、現在の状況や今後の指針を占っていこうとするものです。

では、まず、ゆきだるまカード(氷雪師カード)と呼んでいる6枚についてです。 これは、「恋愛」における人々の心の状態を6種類に分類し、それをイメージとして、 イラスト化しました。 通常「恋愛」に対する心の姿勢としては、「物」「感情(性欲)」「金銭」 「理性(言葉)」「一歩手間」「調和(成功・安定)」に関連するものがあると考え、 大きく6つに切り分けました。

たとえば、ひとつの恋の流れを次のように考えることができます。 「物」は、対象物とも言うように、相手を見つけます。

すると、好きだな〜、いいな〜といった「感情(性欲)」が起こります。 勿論、この時点で、何も思わないとそれで終わりになってしまいますが。

次に、「金銭」にまつわる問題が起こってきます。二人の関係が近くなるにつれ、 デートをしたりなど、お金とは縁が深くなっていく段階です。 結婚を意識したりすると更に大切な問題となります。

こうなると、始めは、見た目、あるいは、感情などに身を任せた恋愛だったものが、 「理性(言葉)」的にお互いの関係を見つめるようになります。

やがて、様々なことを考え抜き「一歩手間」あるいは決断の時がやってきます。 「告白」「結婚」あるいは逆で「別れ」の分岐点となります。

そして、結論が出ます。これが「調和(成功・安定)」の状態です。

更にこれで終わりではなく、心は常に変化しますので、また最初に戻る可能性があります。 つまり、うまくいって成功した状態であった場合でも常に「物」 対象物(新たな出会い)の誘惑はありますので、注意が必要です。 仮に失敗や別れたとしても、 また対象物である新たな出会いへの一歩へとも繋がるので、落ち込むことはないのです。

心の状態や運気は円を描くように流動しています。 この流れをうまくつかみ楽しく充実した恋愛をするために、 恋の雪だるま占いが役立てば幸いと考えております。

この6人の中で、最も調和の取れたゆきだるまは、勿論、「雪だるま」です。


他の5人もゆくゆくは「雪だるま」になることを目指して日々修行をしている者たちです。


トップページへ − 占いを始める


このサイトはリンクフリーです。管理人へのお問い合わせメールはこちらからお願いします。
Copyright (C) All Rights Reserved KOINO YUKIDARUMA URANAI