■ 占いの段階について 3/3
第1〜3段階
第4〜6段階
逸話

補足コーナーです。恋の雪だるま占いの世界には、占いに関するこんな逸話が伝わっています。

占いの達人の話 (その1)


その昔、占いの達人がいた。
ある日、どうしても彼女(恋人)ができない男が、今の自分に彼女ができるか 占ってもらおうと、この達人の下を訪れた。

「あなたは、はずれたことのない占いの達人と聞く。そこで私はここに来た。 ぜひ占ってもらいたいことがある」

白髪でヒゲをはやした達人は、にっこり笑って、

「まあ、そこに座って、お茶でもどうかな」

と言ってお茶を差し出した。

「いや、それよりも早く占ってほしい。私に彼女ができるかどうかだ」

達人は、また笑みを浮かべて、すぐに答えた。

「彼女は、できないの」

「何?、あなたの意見をきいているではない。占いをやってほしいのだ。 あなたはどんな占いをするのだ」

「占い?占いなんてとうの昔に止めてしまったの」

「何を言っているか?あなたは占い師ではないのか?バカにしないでほしい」

すると、達人は大笑いした。

「ならば、お主の期待する占いの結果とやらを言おう。お主には彼女はできない」

「なっなに〜。いいかげんにしろ。根拠はなんだ!どんな占いに基づいてそんなこと言っているのか! 時間をかけて、わざわざここまで来たというのに」

男は、立腹してその場を立ち去った。

さてさて、この男には達人の言う通り、彼女はできなかった。

続き(その2)へ


トップページへ



恋の雪だるま占い
Copyright (C) 2008-2014 All Rights Reserved