■ 占いの段階について 1/3
第1〜3段階
第4〜6段階
逸話

第4段階(玄人段階)

占いについてかなりの知識や経験が増え、自分だけでなく他人に対しても、この占いを 用いてアドバイスができるようになります。占いが、自分だけのものでなくなっていく 段階です。


第5段階(師範段階)

この段階に来ると、実に、全ての占い結果が当たるようになります。そして、なぜ 全ての占い結果が当たるのか、その理由も知ることになります。

占いに支配されるのではなく、占いそのものを自由自在に操れるようになります。


第6段階(達人段階)

究極の段階です。もはや「占い」という意識がなくなり、占う必要がなくなります。 占いを熟知し、その奥にある真理、真髄を極め抜いた者は、もはや占いを必要としません。

占いの達人は、占いをしないのです。 自らの運勢は占うことなく知り、他者の運勢は、占う前から見切っている。 これぞまさしく究極の占い師です。

(補足)
この占いの達人段階に関する こんな逸話 が伝わっています。




第1〜3段階
トップページへ



恋の雪だるま占い
Copyright (C) 2008-2014 All Rights Reserved